スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

餓鬼。 

最近の世の中を感じて思うこと。

それは、エゴイストがとても多い。

エゴイストとは、「我」が強い人だと思うんだ。

じゃ、「我」って何?

欲望が強い人、自分の都合しか考えない人。

そう、究極のエゴイストは子供だと思う。

おそらく、子供のガキとは「餓鬼」から来ているのではないかな。

もう、歳を関係なくどいつもこいつも「我」が強い。

路上喫煙、ポイ捨て、コンビニのゴミ箱に平気な顔して家のゴミを入れる奴。

なんなんだろう。

何もみんながマザーテレサのような人になろうと言っている訳ではないんだ。

恐らく、そんなガキから生まれた子供は大人になってもガキだろう。

ティーンエージャーに、そんなことを言っても無駄に終わるのは仕方ない。

どうやったら、考え方を変えられるのか?

昔、映画で「服装の乱れは心の乱れ」というセリフがあった。

子供の頃は、何も感じなかった。大人が五月蝿く言うセリフでしかなかった。

そして、自分が大人になった時、やはりそうだと思う。

その人の環境(部屋や服装等)が乱雑だと、心が乱れ、雑念が多くなり、我が強くなる。

なぜ、掃除をするのか?ようやく大人になって分かった。

綺麗にすると気持ち良いだけでなく、精神的にも集中力維持にも良いと思う。

サラリーマンで休みの日に、家でゴロゴロかパチンコ屋に行くしかすることがない人々にとってはどうでも良いことなんだろう。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kendesu188.blog44.fc2.com/tb.php/70-35a2897b

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。