スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アイスクライマー集団に千切られるの巻 



今日も、お決まりの大福山。
いつもは清澄養老ラインを通って大福山に行くのですが、そろそろ「甘くね」という悪魔の囁きが。

で、林道探検ツアーを組むことにしました。

毎度、日の出と共に出発。いや~今日は寒いというか、「痛い」かった。
通販で買った、GOREの手袋にインナー手袋+カイロだったのですが、ダメでした。指先だけ激痛。
この指先だけなんですがね。0℃対策を練らなければ。

早朝のうぐいすラインはホントに寒くて、氷の気体を吸ってるかのようでした。
そんなこんなで、うぐいすラインをTTモードで登っていたら、バックミラー越しに映る3人集団。
「やべ、ロックオンされた」と思って一所懸命漕いだんですが、逃げきれずに追い越して行きました。
ご丁寧に、抜き際に「おはようございます♪」とあいさつされたのですが、息が乱れてない(゚Д゚;)
いや~坂で千切られるのは、ホント屈辱的ですね。パンツ脱がされたような気分です。
凍てつく大地を走る、「アイスクライマー集団」できるなら避けたい。
(実は、だいぶ前にうぐいすラインの下りで抜かされたことがあったんですがね・・・)

今日、発掘した林道ですが、高滝湖から月出という箇所を登って行くと、養老渓谷にドンピシャということで登ってみました。
s-IMG_0676.jpg
このからの登りが林道入口です。登ると結構な勾配だったのでセグメントを作ってみたけど、数字上はそうでもなかった。

林道を峰沿いに走ると、最後は養豚場の出口に出ます。
s-011.jpg帰り道もここから登ったのですが、
誰かが作ったセグメントで棚ボタKOM (σ・∀・)σゲッツ!!


そして、ルート「大福喰ってこい」の終点。大福山山頂。
s-012.jpg
もう、往路だけで脚が終わっていたので、復路は大多喜街道に逃げるか?と思ったのですが、今日のテーマは「行って来い」なので、お約束通り来た道を戻ることに。

最後の難関のうぐいすラインはもうヘロヘロで何度足を着こうかと思いました。

120KM走って獲得標高1600mだけど、気持ち的には3000mぐらい走った感じでした。

久々にグロッキーです。

【今日の気づき】
1,セグメントのスタート地点を意識して「行ったれ~」と気合いを入れて登るよりも、コツコツ登ってラストスパートにした方が、タイムは良いかもしれない。

2,120km走って、膝痛は皆無。う~ん。やっぱりタイムなのね。



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kendesu188.blog44.fc2.com/tb.php/29-e49bc814

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。