スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

BOSOツーリング4 



日曜日は、BOSOツーリング4というイベントに参加して来ました。
GARMINには、ほんと泣かされる。途中の部分がカットされてました。

016.jpg
90名ほどの参加者でした。先導役は女性が3人ほどいましたが、皆さん美人でしたねぇ~。

030.jpg
私のバイクですっ!ウソですっ。幾らか分からないけど、私のより数倍するんでしょうね~。話しかけた人の中には、なんかイヤ~な感じの奴もいましたが、どうせ俺はネットバイクさっ。

019.jpg

序盤数キロ走行し、いよいよ第一メインディッシュの坂だぜぇ~。みんなどんだけ速いのか?と思ってたらパンク。パンク修理に時間が掛かり車で第一メインディッシュはワープ。まだ600kmのEVO CXが・・・。
もう帰りたい心境でした。
028.jpg
和気あいあい。この後、第二メインディッシュの愛宕山。途中までなんと1位っ!「日頃の成果か?」と思ったつかの間、ブーストが掛かった「黄色い悪魔(仮称)」と「オークリッチ(仮称)」に抜かれ3位。
この黄色い悪魔氏が一番速い。「ぬお~、このシチュエーションでそのスピードですか?(゚A゚;)」と言うほど速かった。

033.jpg
初めての鹿野山。東京湾が一望でき絶景でした。ここで坂はもう終わりで後は下って帰るだけ。

006.jpg
無事に到着っ!
スピード重視の第一グループで、ついて行けるんか?と思いながら勇気を持って入りましたが、ま、ゆるいイベントなので、なんとかついて行けました。ヒルクライムで速い人が数名いました。しかし、抜かれるは悔しいですねぇ。もっと練習せねば。


とても楽しいイベント企画ですが、主催側の安全管理に疑問を持ちました。
ブラインドコーナー、急勾配、道狭い、下り。これほどの悪条件でスピードを出す意味が分からない。
例え第一グループであっても徐行すべき。集団なら尚更。対向車が来たらアウトですよね?というほどのスピードで下っていきました。私は最後尾でゆっくり徐行して下りて行きましたが、案の定、1名が対向車に驚きフロントロックの急ブレーキ。勢いで脳天から落車し、首と頭を打ち救急搬送。
自己責任という便利な言葉で片付けてしまうのは簡単ですが、今回の事故は起こるべくして起こった事故です。

アットフォームなゆるいイベントだけど、もう少し安全に対して気を配って頂けると良いと思うイベントでした。

事故のことや、坂1回分余裕があるはずなのに最後の鹿野山ヒルクライムでは脚が回らず、不甲斐ない成績で悔しくて悔しくて。枕を涙で濡らした夜でした。(/_;)グシグシ 速い人は速いな~。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kendesu188.blog44.fc2.com/tb.php/16-eb97f180

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。