スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フォーム 

最近、考えていることを書いていこうと思う。

最近の自分の中のテーマが、
「フォーム」だ。

私は社会人になってから仕事をする上で「プロ」という言葉に憧れ、どんな些細なことでもプロ意識を持つように仕事をしてきた。

それでは、プロって何?
80点主義?
安定した結果?
ずば抜けた結果?
人それぞれ答えは違うかもしれない。

私の答えは、「フォーム」だ。
プロのフォーム。
そう、飯が食えるフォームだ。
そのフォームを維持しとけば、中長期的には勝てるということ。

スポーツには、多くのプロ選手がいる。
例えば、野球のピッチャーにしろバッターにしろフォームがすべてと言えるのではないかな。
素人だってキレのある変化球を投げられることが出来るかもしれない。
しかし、そのフォームを「維持」することができない。

マラソンだって、素人が全力で走れば500メートル程度はメダリストに勝てるかもしれない。
しかし、その速さのフォームが維持できない。

だから、フォームを維持できるようにみな練習する。


サラリーマンだって、例えその仕事がルーティン・ワークであっても毎日朝通勤するというフォームがあるからご飯が食べられる。

しかし、世の中は常に変化する。
その不確実性の世の中で勝ち続ける為には自分の「フォーム」が必要じゃないかな。
フォームを作っても修正する力がないと自滅する。そこで大事になってくるのが経験かと思う。


・紳竜の研究DVD
本も出てるけど、映像の方でないと伝わらない。
このDVDは涙でるほど凄い。

・色川武大著者 「うらおもて人生録」
この本でプロのフォームの大事さを考えさせられた。


こんなことを日々考えてると、世間のサラリーマンとは話題が合わないだよねぇ。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。