スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダブルショック 



久々の実走。前回にヘルメット被ったのがデュアスロンレースですから1ヶ月以上ぶり。

100km越えとなると、2ヶ月以上は走ってない。

リハビリも兼ねて、LSDで関宿まで行ってくるかぁ~。と昨日走って参りました。
関宿は今回で3回目。江戸川サイクリング名物の強風指数は60点ぐらいでした。
しかも、ショックで立ち直れないほどの衝撃が2つほど。((((;゚Д゚))))ガクガクブル

まず、ショック1。
レースで付けたゼッケンをヘルメット前部に付けたまま50km以上走りました。(笑)
江戸川サイクリングコースの中程で、信号待ちしていた時に、真向かいのローディーが明らかにこっちを見て笑いを堪えているのが分かりました。はて?なんや?と手でペタペタ体を触った瞬間に衝撃が体を稲妻のごとく走りました。
ぜ、ゼッケンが付いとる(笑)
めっさ恥ずかしい。集団に遭遇しなくて良かった良かった。


ショック2
もの凄く体力が落ちとる。これが実はホント悔しかった。
LSDのつもりが、LSDにならない。心拍は上がるし、鼻くそみたいな坂が全然登れなくなってるし。
今まで積み上げてきたものが、すべて崩れたことに泣きたくなるほど走力が落ちてました。

帰り道のCRでクロスバイクの奴に後ろをペッタリ付かれた。千切ろうとも考えたけどCRは残り30kmもあるし、無理はできない。いい加減ウザいので時速35kmで走っても付いてきやがる。
その後時速30km前後で10kmぐらいランデブーしたところでちょっとイラッときて「後ろ付くのは構わないけど、一言言おうぜ。」と苦言を言ったら、「すみません」と言いつつ離れていき見えなくなりました。
しかし、クロスバイクの彼は結構速かったですが、クロスバイクさえも千切れないほど落ちたか・・・と。自信をナクシテしまいました。


今回の走行で「ヤマメ乗り」というのを見よう見まねで試してみました。
ステムを130mmのデフォに戻し、10mmぐらい下げてみました。
・平地では速くなるのですが、その姿勢をずっと維持できない。3時間ぐらいならなんとか維持できそう。
・辛くなってブラケットポジションに変えるとハンドルは遠いし低いしでこれまた辛い。
・ヤマメ乗りのポジションだと、オシッコ時に激痛が走る。

う~ん。ステムを元に戻そうかな。

そんなこんなの復帰走でしたが、無理なポジションと相まって、肩、首、背中が痛い痛い。
1ヶ月程度でも走力は凄く落ちるんですね。トホホ。orz




スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。