スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サイクリング 




久しぶりの実走でのロードバイクでした。
仕事が忙しかった影響もあり、10月は殆ど乗れなかった。

ライフスタイルの変化の影響で、今までのめり込んでいた趣味への情熱が凄い勢いで冷めてしまうことを実感した10月。

今までは「トレーニング」として自転車に乗っていましたが、恐らくこれからは「フィットネス」目的に変わると思います。
軽いホイールだのカーボンだの欲しかったけど、自分のレコード更新を目的にすると高いパーツや自転車は要らないと感じるようになりました。


隙間時間を見つけてチマチマ乗りたいと思います。


スポンサーサイト

バトる。 

今日は、GARMINの調子が悪く初期化してしまったのでデータはなし。

先週に引き続き重量バイクP14号にてうぐいすライン~鶴舞~AKB~長柄小というコース。

走行距離 81km Av22.9km/h てなところ。ロードでは決してバテるような距離でも獲得標高でもないんですけどねぇ。もうヘロヘロでした。

スタート時間が遅く9時スタートでうぐいすライン1発目の坂でローディーにロックオンされるが、必死で平坦路に逃げこむ。抜かされるかと思いきや、ローディーは後ろ3mをずっと並走。
このローディーの無言のプレッシャーで心拍が180オーバーでショボめの坂を迎えるもタレてしまいスピードガタ落ち。
しかし、後ろのローディーが一向に抜き去るそぶりがないため、手で先行ってくれ合図を出すと、「すいません。」と言い放ち走り去って行きました。

やっと自由に走れると思いきや、うぐいすライン最後の坂でフリーダム練に遭遇。
トップ組はあっちゅうまに拔かれ、千切れ組最後尾のフェルト君と抜きつ抜かれつのバトる。

恐らくこの猛暑で調子悪かったんでしょうか、後方視界から消えてしまいました。

そんなバトるのお陰か?原田7でav25.5km/h。
あれ?ロードと対して変わらなくね?

原田7で休憩後はもうバテバテヘロヘロでなんとか帰宅しました。

市街地に入った途端アスファルトからの照り返しが猛烈ですね。

うぐいすラインエリアは決して「山」ではないけど緑が多いと全然暑さが違いますね。

暑さと重さと苦しさと。 




いや~、暑い。週半ばの連日の猛暑日よりかは涼しくなったものの暑かった。

久々のブログですが、その間まったく自転車に乗ってなかった訳ではなくクロスバイクで近所の坂をたまに走ってました。この暑さなので現状維持トレーニングといったとこでしょうか。

今日はクロスバイクのタイヤを交換したのでちょっと遠出してみました。
このクロスバイク、買ってから3年半も経つのに総走行距離1000km 程度なので、殆ど乗ってませんでしたが、逆にこのクロスバイクの「重さ」を利用すればトレーニングになるんでは?と思った次第です。

もっと重くするために、タイヤを変えてみた訳ですYO.
自転車を軽くしようと思うと諭吉先生がヒラヒラ飛んでいきますが、重量化するにはコストが余りかからない貧乏人の発想です。

ノーマルタイヤ500グラム(これでも十分重いのですが)からシュワルベ マラソンプラス35Cに変更。
このタイヤはなんと900グラム。

自転車の総重量15.6kg になりました。(笑)
普段のロードバイク練習仕様が8.8kg

走ってみた感想ですが、
1,漕ぎ出しがすこぶる重い。
時速30キロまでだせば、慣性の法則からか?巡航すること自体は楽なのですが、30キロまで到達するのが大変。ロードバイクだと0発進からダンシングしてチョイチョイチョイで30キロでますが、クロスバイクだと、グシグシグシグシグシとダンシングしないと30まで到達しない。

2,登坂が最悪。
当たり前ですが、登坂がこれほど重くなるとは思ってませんでした。ロードだと鼻くそレベルの坂が結構シンドイ。市原に入ってからの丘陵地帯でちょっとバテ気味。

3,これは補足ですが、ローディーとすれ違っても会釈されることもなく、疎外感がパネぇ。
 お前とは世界が違うんだよ。と言わんばかりの視線。
ま、私がロード乗っている時もクロスとすれ違っても会釈はしないか(笑)

ホントは、AKBを6回ぐらい昇り降りしようかと思ったんですが、あまりの暑さに生命の危機を感じたので、1本で撤収。

去年の6月に、ロードではじめて訪れた坂でAKBは6分45秒でした。
今日登ったら、6分35秒だったのでEVOしていてちょっと嬉しかった。
もう1つ試したいことのテーマとして「ギヤを軽くすれば速く登れるか?」ということ。
ロードのフロントが53と39なので、これをコンバクトにするとどうなるかを試す為にも今日トリプルギヤで登ってみました。軽いギヤだとオールシッティングで登れるけど辛さは変わらなかったので、コンパクト化しても今の私では速く登れないかな。

靴がジョギングシューズだったので、普段訪れることのなかったAKBの内部に初めて潜入。
IMG_0840.jpg
馬が見たかったけど牛しかいなかった。

鬼太郎の呪い。 



日曜日の朝練。ホントは大福山行くはずが鬼太郎ツリーハウスで空と山を見ながらボケぇ~としていたら、なぜか帰りたくなってしまった。脚も体もビンビンなんだけどなぜか、「もういいかな・・・」と帰路に向かう。

出だしからヤル気なしだったんだけど、長めの休憩もヤル気を削ぎますね。

いまだに、ダンシングで悩み中だったけど、平坦路は完成してきた。あとは登坂での使い分け。

午後が自由にできる、このぐらいの距離が良いのかな。
最近、モチベも下降線でなんだかなぁ~。


リハビリライド。 



リハビリライド第2弾。
今回は、ヒルクライムコース。
今日は絶好の自転車日和。気温は高めだったけど乾燥していたので汗ばむことなくドライ。やっぱり夏場のヒルクライムはシンドイな。
ホントは、大福山まで行くつもりだったけど、うぐいすラインを走り終えると「あれ?ヒルクライムってこんなシンドかったっけ?」と寝言をつぶやく始末。決してTTモードではなく淡々と走ったつもりだけどHRはすぐ高くなるし、脚もピクピクだったので大福山を諦め、走っては休み、走っては休みのリハビリライド。
そこで以前からこちらのブログで気になる箇所に。

そこは、ゲゲゲの鬼太郎ツリーハウス。私有地を開放している公園のような箇所。鶴舞にあるのですが、今まで何度も通っていましたが、全く気づかなかった。
s-l013.jpg
中房総を展望できます。写真では伝わりにくいですが、一大パノラマで展望できます。思わず10分ぐらいボケぇ~っとしてしまいました。
s-l014.jpg


少しずつ強度を上げてヒルクライムに慣れて行きたいと思います。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。