スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

餓鬼。 

最近の世の中を感じて思うこと。

それは、エゴイストがとても多い。

エゴイストとは、「我」が強い人だと思うんだ。

じゃ、「我」って何?

欲望が強い人、自分の都合しか考えない人。

そう、究極のエゴイストは子供だと思う。

おそらく、子供のガキとは「餓鬼」から来ているのではないかな。

もう、歳を関係なくどいつもこいつも「我」が強い。

路上喫煙、ポイ捨て、コンビニのゴミ箱に平気な顔して家のゴミを入れる奴。

なんなんだろう。

何もみんながマザーテレサのような人になろうと言っている訳ではないんだ。

恐らく、そんなガキから生まれた子供は大人になってもガキだろう。

ティーンエージャーに、そんなことを言っても無駄に終わるのは仕方ない。

どうやったら、考え方を変えられるのか?

昔、映画で「服装の乱れは心の乱れ」というセリフがあった。

子供の頃は、何も感じなかった。大人が五月蝿く言うセリフでしかなかった。

そして、自分が大人になった時、やはりそうだと思う。

その人の環境(部屋や服装等)が乱雑だと、心が乱れ、雑念が多くなり、我が強くなる。

なぜ、掃除をするのか?ようやく大人になって分かった。

綺麗にすると気持ち良いだけでなく、精神的にも集中力維持にも良いと思う。

サラリーマンで休みの日に、家でゴロゴロかパチンコ屋に行くしかすることがない人々にとってはどうでも良いことなんだろう。

スポンサーサイト

キン肉マン 

え~、半年ぶりのブログ更新です。

以前ほど自転車は乗っておりませんが、LSDを主体にしたトレーニングで休みの日にチマチマ乗っております。

で、今回書いてみようと思ったネタが食生活についてです。

私は結構、マイノリティになることが好きです。

他人の意見には聞く耳を持つけども自分の考えを持って常に生きたい。

多くの人が良いと思っていることでも、「なぜ、良いのか?」と自分なりに納得した上で決めたいんです。

今回のネタはそんな考えで生きている人間が書いてる上で読んで頂ければと思います。


ずばり、食生活を2週間前からガラリと変えてみました。

どんな風に?

はい、肉、卵、牛乳、魚等を食べずに、玄米と野菜を主食にした食事に変更してみました。

そう、禁肉マンです。

いままで、昼食、夕食には必ずと言っていいほど「肉」は欠かすことのできないアイテムでした。

とりあえず、肉さえあれば、ご飯たべれるよね。ってな感じで。

ベジタリアンなんて宗教上や体質的に食べれない人がするもんだと思ってたんですよ。

しかし、男も30後半になると色々「健康」を気にするようになる訳でして・・・。


そして、何かのキッカケで「マクロビオティック」という言葉を知りまして、マクロビオティックについて色々調べてみたんです。

マドンナやハリウッド俳優なんかが支持している肉を食べない食事健康法だそうです。

何よりも驚いたのが、肉を消化するためだけに摂取エネルギーの70%を使うということです。

皆さん昼食後に眠くなりませんか?

これは、肉を消化するからエネルギーを節約してくれ、という体からのサインだそうです。

案の定、玄米、野菜を腹いっぱい食べても昼食後に眠くなることは殆どなくなりました。

よく肉を食べて力を付けようって言いますが、食べなくて力が出ないということは全くありませんし、体が軽くなりました。

この2週間の体重、体脂肪、筋肉量を計ってみてましたが、体重は変わらず、筋肉量が増え、体脂肪が減ってます。

その他の変わった点としては、

便通がすこぶる良い。

精力が凄い。

肌の調子が良い。

そんな感じでしょうか。

上記の傾向は玄米の影響らしいです。

続けてみて野菜がホントに美味しく感じ、肉を食べたいと思うことも今のところ思わないです。


しかし、いくら良いと言っても肉を食べないとなると、現在の日本では外食はほぼ無理ですし、家族のこともありますので、なかなか実行を続けるにも難しいのが現実ですがね。

健康を気にするような年齢の方は試してみては如何でしょうか。





P14号のブレーキ交換。 

特に書くことでもないのですが・・・

P14号のVブレーキをデフォのテクトロ製から世界のシマノ製に変えようとパーツを仕入れました。

しかし、台座とキャリパーを止めているボルトを抜いてもビクともしないので、購入店に持って行き取り付けて貰いました。

前後交換で工賃1680円ぐらい。

この熱い日にエアコンの効かない玄関で作業することを考えれば安いもんかな。

交換した結果、スゲぇ~止まる。キュイと止まる、止まる。あまりグッと握るとロックしてしまうほど。

費用対効果は抜群でしたね。

あと、スゲぇ~と感じたのが、お店に持ち込む前に、ウェイトを外さないと恥ずかしいなと思いすべて外してお店まで走りました。

もう、笑っちゃうほど軽い。軽い。電動アシスト自転車かと思うほどです。
やはり重量化トレーニングは間違ってなかったか?
引き続き、イベントなど以外はP14号で走るぞぉ~。
しかしながら、日曜日のルーティンコースばかり走っているとかなりの確率でお知り合い等とカブる可能性が(^_^;)その内に指差されそうで・・・。
やっていることが中学生みたいなことしてるような気もするけど・・・。

ま、いいか( ・∀・)

何も言えなくて、夏。~その先の向こうへ~ 




以前から、気になっていた。自転車競技においてのトレーニングはやたら時間が掛かるんじゃないかと。

短い時間で高強度ならローラーでもできるかもしれないけど、持久力を養うにはやはり数時間乗らないといけない。

休日ライドの時間を3時間ぐらいにして、その時間内でオールアウトできるメニューにしてみようかと思いまして、今日走って来ました。なかなかハードでしたが、オールアウトにはまだ余裕があるなと。


しばらく、これで走ってみるかな。


帰り際14号にて、信号待ちしていたローディーの後ろに付いた。
シグナルが青に変わってしばらく後ろを走ってたけど、30km/hぐらいなのでビミョウ~に遅い。そのまま後ろを走るのもイヤなので、猛ダッシュで抜いて行ったら相手もクロスに負けるか~と言わんばかりにくっついてくる。
お互い意地の張り合いになって40km/hぐらいまで加速。
後ろのローディーは余裕なんだよ、と言わんばかりに足を止めカラカラカラとホイールを鳴らしやがる。
でも気にせず35km/hぐらいで走ってたらいなくなっちゃった。

ま~どうせクロスだし勝てないんだから、 早く抜いていってもらいたかった。

相手を意識してないとは言わないが、知らない人の後ろも走りたくない。そんな時困りますよね?
アタック掛けている訳でもなく、仕方なく抜くのにさ。


ダンシングの練習。 



今朝は、晴れていたけど路面が乾くの待っていたので、10時ぐらいにスタート。

時間もあまりないので、長柄でダンシングの練習。

今までの自分の登坂における漕ぎ方は、勾配でシッティングとダンシングを分けていました。
勾配10%までは、シッティングで登って、勾配が10%以上になりシッティングで対応できなくなった時にダンシングという感じで分けてました。

ダンシングが苦手で、勾配10%以下だったらシッティングの方が速かったのです。

しかし、「自転車の教科書」に感化されこれではイカンと思い、今日練習してきました。

【練習1】
信号からのシグナルダッシュの度にダンシングでスタート。
平地でのダンシングは、今までのダンシングよりも腰をサドル付近にしてダンシングすると良い感じに荷重ができました。ここか?ここか?ココかあ~。と一人でブツブツ言いながら重心の位置を確認しながらダンシングしました。これは、結構上手くできるようになったかな。

【練習2】
登坂での練習。
勾配はそれほどキツイ坂がないコースです。意識したことは「勢い」を維持すること。
今までのダンシングする坂は、もうインナーローでシッティングでは登れないときになってようやくダンシングする感じでした。当然、勢いはなくケイデンスも50ぐらいまでがイッパイイッパイ。
今日は、そうではなく勢いを維持するために勾配関係なくダンシングして見ましたが、心拍が上がりすぎてキツかった。しかし、今までよりも脚のダメージは少ないような気もする。

次回の練習テーマは登坂する際に、ダンシングをいつ使って、ギヤの選択をどうするか?
あと、スタミナがお話にならないなぁ。長柄でのTTも脳裏をよぎったけど、スタミナが持たなかった。
まあ肘も完治はしていないので、程々にしないといけませんね。

もう夏が近いですねぇ。やっぱ冬だよ(>_<)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。